暑い夏を乗り越えよう|大塚で接骨院をお探しなら大塚接骨院

0339823500

月~金9:00~12:30/17:00~20:00

9:00~13:00

アクセス

コラム

暑い夏を乗り越えよう

2019.08.02

コラム

8月に入り毎日暑い日が続いています。
ニュースでは熱中症に対して取り上げていますね。
こんな暑い毎日を乗り越えるために考えてみましょう。

熱中症について何を注意したらよいのか。
まず1番に考えるのは水分です。
身体の70%は水分でできています。汗により水分が身体の外へ出て行ってしまうと
身体の中は脱水になってしまいます。
とにかく水分を摂取しろと言われても分かりずらいかもしれません。
摂取すると身体への吸収が良いもの悪いものを説明していきます。

1.スポーツドリンク
スポーツドリンクには塩分糖分がバランスよく入っています。
失われた水分により近いため身体が吸収しやすいです。
注意しなくてはいけない事は血圧高めの方達です。
塩分が多く入っているので2.3倍に薄めて飲むことを押すすめします。

2.麦茶
麦茶は昔から身体によいとされて飲まれています。
注目するところはミネラルです。
ミネラルは身体に必要な5代栄養素の1つです。
これも身体にはとても吸収されやすく熱中症を防いでくれます
飲み方はそれぞれですが塩を少々入れてみたり砂糖を少々入れてもよいです。
好みに合わせて飲んでみてください。

この2つをお勧めします。

身体が吸収しずらいもの
1.緑茶
緑茶を良く飲まれる方も多いと思います。
悪くは無いのですが、これにはカフェインが入っています。
利尿作用があるのでたくさん飲んでも尿として体外に排出されてしまいます。
無駄にはなりませんが身体には吸収されづらく身体の水分を外に出してしまいます。
あまりお勧めできません。

2.コーヒー
コーヒーをよく水分補給に飲まれている方がいると思いますが、
これもカフェインが多く入っているので利尿作用があります。
身体から水分を排出させるのを促進させてしまいますので気を付けてください。

3.牛乳
牛乳を朝飲む方も多いと思います。
牛乳は脂肪として身体に吸収されるので水分ではありません。

4.アルコール
暑い夏はアルコールがおいしいと思いますが、
身体の代謝を上げてしまい脱水になりやすいので気を付けてください。
アルコールを頼んだらチェイサーでお冷を頼んで水分補給するのもよいと思います。

この様に体への吸収が良いもの、悪いものがあります。
水分補給する際は気を付けてくださいね。

 

他にも塩分チャージや梅干しも身体への吸収が良いのでお勧めです。
まだまだ暑い日が続きますがしっかり水分を摂取して乗り越えていきましょう。

デイサービス

患者様の声

健康コラム

pagetop